北海道 十勝 帯広

【嬉しいお土産】六花亭マルセイバターサンドとマルセイシリーズ特集

投稿日:2017年11月15日 更新日:



マルセイバターサンドと言えば、赤いレトロなパッケージに包まれた北海道土産の定番の1つですよね。

販売している六花亭さんの主力商品です。

しかし、マルセイバターサンドから派生お菓子もあるのをご存知でしょうか?

今回は改めてマルセイバターサンドを紹介するのと同時に派生商品のマルセイシリーズを紹介します!

 

マルセイバターサンドとは


道産生乳100%のフレッシュバターとカリフォルニア産のレーズンを合わせたクリームとホワイトチョコレートを六花亭専用の小麦粉で作られたビスケットでサンドした六花亭が誇るロングセラー商品です。

そのルーツは代官山にある洋菓子の名店、巴裡小川軒さんを代表する菓子、レーズンウィッチを参考に、ビスケットの食感を保つため、材料に吟味を重ね、バターサンドが生まれました。

1977年に六花亭製菓へ社名変更を記念して販売されました。

販売された頃こそ知る人ぞ知る一品でしたが、現在では石屋製菓さんの白い恋人と並んで北海道銘菓・土産として全国的な知名度を得ています。

私はレーズンが苦手だったのですが、初めて食べた時はチョコとクリームのなめらかな甘味、レーズンの食感と風味、サクサクのビスケットが織りなすハーモニーに感動した事を覚えています。

マルセイの意味は、十勝の開拓において偉大な業績を残した依田勉三氏が開拓団で興した会社、晩成社(依田牧場)が北海道で初めて商品化したバター、マルセイバタに由来します。

マルセイバタは現在、六花亭の一部除く直売店で家庭用に加塩された商品が販売されています。

 
 

直営店でしか購入できないマルセイバタ #マルセイバタ#六花亭#六花亭バター

@sayaka_softcreamperoがシェアした投稿 -


一般的なバターよりあっさりした風味で食材の味を引き立てます。


六花亭 マルセイバターサンド 10個

こちらからでもこのおいしさを味わうことが出来ますよ☆彡

 

マルセイシリーズ


さて、六花亭さんにはバターサンドの他にもマルセイの名を持つ商品があることをご存知でしょうか?

知らない方はぜひ知ってほしい、マルセイシリーズと呼ばれる同じくフレッシュなバターを使用したお菓子達を紹介します。

マルセイビスケット


バターサンドの美味しさは中のクリームとホワイトチョコの美味しさもさることながら、ビスケットの美味しさこそが主役ではないでしょうか?

マルセイバターサンドのビスケットだけ食べたい!そんな声があったかはわかりませんが(笑)お客様の声を受けて商品化されたのがマルセイビスケットです。

シンプルに四角く薄く、表面には晩成社の社判を刻印して焼き上げた一品です。

六花亭 マルセイビスケット
六花亭 マルセイビスケット

何とも素朴で飽きの来ないビスケットで、お茶のお供にも最適です。

マルセイバターケーキ

 

オットさんのお土産シリーズ。 前々から気になってた マルセイバターケーキ。 サンドじゃないよ、ケーキだよ 昔ながらのマドレーヌのようなこっくりした風味に、ほんのりココア香るバターが染み込んだ、どこか懐かしくもあり、新鮮なお菓子でした バターサンドよりすき❤︎ 北海道育ちのオット曰く、六花亭のお菓子は日常なのだそう。 出逢った頃、リュックからほいっとさりげなく手渡されたストロベリーチョコ(現地でしか販売してない小袋)にキュンとした思い出が… こんなおやつやさんが近所にあったら日々パラダイスである。 #六花亭は神 #六花亭 #マルセイバターケーキ #おやつ #オットは道産子 #おやつ #オットのおみやげシリーズ #北海道物産展 #お菓子探求家

Rica.Tさん(@r.koubo)がシェアした投稿 -


バターケーキはその名の通りバターをたっぷり使用したスポンジケーキでチョコガナッシュを挟んだ一品です。

口の中に入れればバターの風味に包まれます。サンドされたチョコもスポンジケーキを引き立てる控えめな味わい、バター好きにはたまりません!

バターサンドのパッケージを黄色にした可愛らしい包みに入っているのも特徴です。


六花亭 マルセイバターケーキ 10個

2016年に発売されたばかりの新商品でファンを中心に人気を集めています。

マルセイキャラメル

 

. これ美味しい(´∀`) ...... #六花亭 #マルセイキャラメル #花犬313食 ......

花犬さん(@hanainu)がシェアした投稿 -


キャラメルなのにカリッサクッとした食感を強調したCMが話題を呼び道民にもマルキャラの愛称で広く知れ渡っているお菓子です。

2012年に帯広開基130年を記念し、主原料の全てを地元産の材料を使って作られました。

バターを使ったお菓子の代表、キャラメルも六花亭の手にかかれば一味も二味も違います。

キャラメルの中にはマルセイビスケットと大豆が入っており、キャラメルを少しなめてから、前述の通り噛むとカリッサクッとした食感を感じます。

私もやわらかいキャラメルに食感が加わるだけでこんなにも飽きない美味しさを感じるものかと驚いた事を覚えています。

一袋に3粒入っているので楽しく分けあいましょう(笑)


六花亭 マルセイキャラメル6袋入

キャラメル好きなら一度は食べてその味わいの変化を楽しんでほしい商品です。

 

ザ・マルセイ


マルセイバターサンドを筆頭にマルセイシリーズが全て一箱に入った商品がザ・マルセイです。

バターサンド3、バターケーキ3、ビスケット5、キャラメル4が入った15個入1470円

バターサンド5、ケーキ4、ビスケット4、キャラメル6が入った19個入2000円

(25℃以下の涼しい場所で8~9日間保存可能)

その他個別商品は以下の通りです。

マルセイバターサンド

価格

4個入(箱無し)500円

5個入650円

10個入1300円

16個入2080円

20個入2600円

30個入3870円

(25℃以下の涼しい場所で9~10日間保存可能)

マルセイビスケット

価格

12枚入580円

(常温で約40日間保存可能)

マルセイバターケーキ

 

マルセイバターケーキ頂いた美味しい #帯広スイーツ#六花亭#マルセイバターケーキ

kaorinn⋆。˚✩さん(@kaorin_0929)がシェアした投稿 -

価格

4個入(箱無し)500円

5個入670円

10個入1320円

(25℃以下の涼しい場所で10~11日間保存可能)

マルセイキャラメル

価格

6袋(18粒)入580円

8袋(24粒/箱無し)640円

(25℃以下の涼しい場所で20日間保存可能)

六花の森


六花亭と言えば坂本直行さんが描いた花の絵柄の包装紙が有名ですよね。

そんな可愛らしい包装紙に描かれた花々を見る事ができる場所が六花の森です。

 

北海道の最後は、"六花亭"の"六花の森"へ。ここまでくると、男の僕でも心擽られるなあ。 #六花の森 #六花亭

Shuji Suzukiさん(@shuji_suzuki_1036)がシェアした投稿 -


旭川から富良野を通って十勝を結ぶ北海道ガーデン街道の南端の広大な自然の中にあります。

夏~秋が見ごろとなっています。


花だけでなく坂本直行さんの記念館やレストハウス&ショップはまなしなど、様々な施設で六花亭が演出する北海道の美しさを体験できるのでぜひ一度訪れてみてください!

アクセス情報

住所 河西郡中札内村常盤西3線249-6

営業期間・時間

4月28日~5月31日・9月1日~24日/10時~17時(売店は10時半から)

6月1日~8月31日/9時~17時(売店は9時半から)

9月25日~10月15日/10時~16時(売店は10時半から)

※その他の期間は休業

 

まとめ

マルセイバターサンド好きの方も、近年新発売されたマルセイシリーズは知らない方も多いのではないでしょうか?

どの商品も北海道の大地が生みだしたフレッシュバターの美味しさを感じる名品ばかりです。

道外だけでなく道内でも贈り合う定番のお菓子達ですね。

マルセイシリーズの他にも美味しいお菓子はたくさんあるのでこちらをどうぞ!

【嬉しい北海道お土産】詰め合わせにもおすすめの六花亭のお菓子7選

六花亭さんは道東の帯広に本工場を持つ道内では知らない人はいない程人気のお菓子メーカーです。 北海道出身の画家、坂本直行さんがデザインした草花の絵が描かれた包装紙も有名です。 近年は札幌駅近くに本店を構 ...

続きを見る

北海道お土産の参考にしていただけたら幸いです。

※価格はすべて税込で六花亭公式オンラインショップの価格を参照しています。

話題の人気グルメ

1

  札幌と言えばラーメン、ジンギスカンに続いてスープカレーと言われる程定着してきました。 スープカレーの登場により、一般的なカレーライスはルーカレーと呼ばれ区別されています。 スープカレーは ...

2

ステーキというと特別な日のご馳走の1つでした。 しかし、現在はいきなりステーキさんら手軽に楽しめるお店の登場により、身近なものになってきました。 沖縄のシメステーキも全国的な知名度を得たのも大きいと思 ...

3

激辛料理はお好きですか? ごはんやお酒のお供に、暑気払いに、そして身体を温める時にピッタリですね。 辛味の刺激はストレスの発散にもつながるので、疲れた現代人にとっては一つの癒しでもあります。 今回は札 ...

-北海道, 十勝, 帯広
-, , , , ,

Copyright© 北海道おすすめBlog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.